FC2ブログ

子育て速報〜2ch生活まとめサイト〜

スポンサー
用語解説

【トメ】
【ウト】
【ウトメ】
【コウト】
【コトメ】
【FO】
【CO】
【鬼女】
【気団】
【毒】
【小梨】
【ドキュソ】
【ダンスィ】
【ジョスィ】
【ボッシー】
【ゲスパー】
【エネミー】
【エネme】
【イヤゲモノ】
【サイマー】
【フジコる】
【24】
【マヤる】
【緑の紙】
【DV】
【鳩る】
【ウォーター】

QRコード
QR

アイコン 祖父の家に島崎藤村が「金を貸してくれ」とやってきたことがあったそうだ

961:名無しさん@HOME:2007/10/29(月) 19:58:04 ID:0

空気読まずにこっそり書き込み

祖父が作家の島崎藤村の近所に住んでて
祖父の家に「本を出版するための金を貸してくれ」とやってきたことがあったそうだ

この話は最近まで誰にも言わなかった
なぜなら、祖父自身も決して裕福ではなかったものの
島崎の態度が気に入らず(金貸してくれとかいいながら、やたらと横柄だったそうだ)
金を貸してほしいなら、頭を下げろと説教したらしい
すると激怒した島崎はそのまま家に帰り、二度と金を無心にこなかったそうだ

そして、その後、島崎は本を出版することを最優先に金を使い
子供や奥さんに金を渡さず、子供が3人栄養失調で死亡、さらに奥さんも子供出産後死亡したそうな
そのことを後で知り「少しでもお金を渡していればこんなことにならなかったかもしれない…」と祖父は激しく後悔して
以後、二度とその話はせず、さらに、人にすすんで金を貸すようになったらしい




● 大人になってから知った家族の秘密 8 ●
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/live/1182096702/
964:名無しさん@HOME:2007/10/29(月) 20:09:31 ID:0

>>961
島崎藤村ってどんな人だっけ?とwikiってみましたら
まあでるわでるわ。まったく文豪って人種は家庭を壊すし人の家もめちゃくちゃにするね。
子供達もバタバタ亡くなっているけど当時は子供の死亡率も高かったし、
なにより親の責任が一番大きいんだから、おじいさんが責任かんじることないと思うなあ。




966:名無しさん@HOME:2007/10/29(月) 20:45:13 ID:0

大体昔の小説家ってのは、自分第一の人が多かったから
家族犠牲にして泣かせてってのは定番みたいな感じだな。
極貧のくせに内にも外にも子供次々作ったりも多いよね。




967:名無しさん@HOME:2007/10/29(月) 20:46:51 ID:0

島崎藤村って奥さん死んだ直後から手伝いにきた姪っ子に夜這いかけて犯したとかそういうんじゃなかったっけ?
しかも当時島崎藤村40代で姪っ子が18か19歳とかそんな感じだった気がする
うろ覚えだから違ってたらスマソ




968:名無しさん@HOME:2007/10/29(月) 21:15:22 ID:0

で、妊娠した姪を放置して自分はフランスに逃げた。
しかも「自分の行いが悪いのはすべて血のせいだ」と悩む責任転嫁ぶり。




969:名無しさん@HOME:2007/10/29(月) 21:21:44 ID:0

その姪っ子さんはどうなったのでしょう?




970:名無しさん@HOME:2007/10/29(月) 21:32:42 ID:0

>>969
日本にいられなくなって台湾かどっかに行ったはず。




971:名無しさん@HOME:2007/10/29(月) 21:33:35 ID:0

>>969
スレ違いですが、一応

島崎は姪との関係を新聞の連載で公にする
怒った島崎の長兄は島崎をフランス留学へおいやり
姪(長兄からみれば娘)は台湾の知り合いへ預けられた
島崎がフランスへいったあと、一人で生んだ子供は養子へやられる

ところが、姪が日本に戻り東京のキリスト教系のところで働いていたところ
戦況が悪化したフランスから帰国した島崎が会いに来てあっさり関係復活

しばらく関係は続くか、別れて姪は京都の某施設の賄い婦として働き始める
しかし、なんとその施設は革命家が集うところで、姪も警察に捕まり拷問を受ける
そのやり方に反発を感じ、姪自身も革命家になり、10歳も年下の男性と結婚し子供を産む
…という波乱万丈な人生を送られました




972:名無しさん@HOME:2007/10/29(月) 21:36:41 ID:0

とんでもない奴だなぁ。やっぱり>>961のお祖父さんは
借金の申し出を断って正解だったような気がする。
と言うか、自分がその立場でも断ると思う。
貴重な話をありがとう。ちょっと色んなこと考えさせられたよ。




974:名無しさん@HOME:2007/10/30(火) 01:43:47 ID:0

島崎にドン引き・・・






島崎藤村: 「一筋の街道」を進む (ミネルヴァ日本評伝選)
島崎藤村: 「一筋の街道」を進む (ミネルヴァ日本評伝選)
web拍手 by FC2

おすすめサイト新着記事

[ 2013/01/28 ] 祖父・祖母 | TB(0) | CM(116)
  1. 名前:佐藤裕也  投稿日:2013/01/28 15:08
    本当ならとんでもないクソ野郎じゃん
    結果がどうあれ、貸さなくて正解だろうよ
    [ 編集 ]
  2. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 15:17
    本当ならって
    全部本当だよw
    島崎藤村がアレだったのは有名な話
    [ 編集 ]
  3. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 15:20
    えー破戒読んで悦に浸ってたのに損した
    [ 編集 ]
  4. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 15:21
    金を貸しても妻子のために使われず、さらに金を貸せと集ってきたかもね。
    [ 編集 ]
  5. 名前:名無しさん  投稿日:2013/01/28 15:22
    貸したところで島崎は自分の為にしか金を遣わなかっただろう

    作者の人品骨柄と作品の評価は別だとわかってはいるが、
    なんだかネェ
    [ 編集 ]
  6. 名前:名無しさん@ニュース2ちゃん  投稿日:2013/01/28 15:28
    洋画家の熊谷守一も同じようなエピあるけど、あっちはどうしても金のための絵が描けなくて、
    子供を病死させてしまったケース。
    [ 編集 ]
  7. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 15:33
    島崎藤村に限らず、明治・大正時代の作家や詩人はめちゃくちゃな性格の持ち主多いからなあ。
    夏目漱石然り、石川啄木然り、中原中也然り…

    逆に、中島敦が超リア充人間だったと知ったときも衝撃だったなあ。
    [ 編集 ]
  8. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 15:39
    作品と作家の人格は別にしておかないと、芸術作品なんか見てられん
    [ 編集 ]
  9. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 15:42
    歴史に名を残す文豪や画家ってアレやコレやソレな人が多いよね
    穏やかな人生送った人格者の芸術家って、バルビゾン派のコロー爺さんぐらいしか思い浮かばん
    [ 編集 ]
  10. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 15:43
    ※61674
    芸能人や映画、アニメの制作者にも言えることだわな
    [ 編集 ]
  11. 名前:    投稿日:2013/01/28 15:49
    物書きがクズなんて今に始まった事じゃない
    借金しまくってるものかきなんて五万といるしな
    [ 編集 ]
  12. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 15:49
    お金貸さなかったことに罪悪感を感じて後悔した報告者のじいちゃん、カワイソス
    [ 編集 ]
  13. 名前:名無しさん  投稿日:2013/01/28 15:53
    クソ揃いの当時の文学者の中でも藤村はトップクラスのクソだからねぇ...
    お祖父さんが気に病むようなことでもないと思うわ
    [ 編集 ]
  14. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 15:59
    借金という縁を持たなかったのは正解だなぁ
    [ 編集 ]
  15. 名前:名無しさん  投稿日:2013/01/28 16:12
    ※61666
    何について言っているのか知らんが、藤村の無茶苦茶っぷりは調べればいくらでも眼にできる
    目の前の機械で調べてみたらどうだ?
    [ 編集 ]
  16. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 16:14
    芸のためなら女房も泣かす
    それがどうした文句があるか

    を思い出した
    [ 編集 ]
  17. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 16:22
    その点、モリリンは軍医としてはアレだったけど
    人柄はよかったらしい
    [ 編集 ]
  18. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 16:24
    藤村スゴイな初めて知ったわ、太宰以上の屑っぷり!
    [ 編集 ]
  19. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 16:26
    原作ではどうなのか知らんけど映画の破戒に養女に手を出す坊主の話が出てきたな。
    養女の名前は志保 それを演じた女優の名前は藤村志保
    藤村志保の芸名はこの映画のこの役から取ったんだよね

    [ 編集 ]
  20. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 16:35
    三島は、その藤村を評して、子供を見殺しにしても書きたいことがあったのだ、と言っている。
    [ 編集 ]
  21. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 17:11
    ※61686
    人柄は周囲の人くらいしか恩恵に浴さないが、軍医としての能力は数百万人に影響を与える。
    今では、「ロシア以上に日本軍人を殺した男」というのが森鴎外評ですわな。
    [ 編集 ]
  22. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 17:18
    ああ…森が軍医やってた陸軍だけ脚気でバタバタ兵士が亡くなったっていうアレね…
    海軍は脚気患者出さなかったんだっけね…
    [ 編集 ]
  23. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 17:32
    昔の作家って破天荒な程良いみたいな風潮だよな

    金貸しても貸さなくても同じだよ、
    むしろもっと悪い事が起きたかも知れんよ
    気に病むな爺ちゃん…。
    [ 編集 ]
  24. 名前:名無しさん@ニュース2ch  投稿日:2013/01/28 17:33
    こういうクズは余分な金が出来ても女や博打に使うだけだからどちらにしろ子供は死ぬ運命だろ
    [ 編集 ]
  25. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 18:03
    61687
    太宰は太宰で心中で一人生き残ってるし、相当なもんや
    [ 編集 ]
  26. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 18:05
    創造の才能と生活者として幸せに生きていく才能は往々にして両立しないものなのです。
    [ 編集 ]
  27. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 18:25
    所帯じみた作家の作品なんてつまらない作品にしかならないものなw
    [ 編集 ]
  28. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 18:50
    大学の大先輩が屑で申し訳ございません。

    考える人のロダンも愛人のカミーユ
    (晩年からしてZガンダムの主人公の名前は彼女から)
    を何度も堕胎させた後ポイ捨てしたなかなかの畜生。
    [ 編集 ]
  29. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 18:57
    森鴎外なんか軍医のトップとして麦飯を禁止した結果、脚気で2万7千人殺してるからな
    [ 編集 ]
  30. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 19:29
    一応森林太郎を擁護するとドイツ医学では相関関係が証明されていないものは排除するから脚気対策に玄米を取り入れなかったし、百姓出身者の多い陸軍では白米が食べられるというのが最大の魅力だったから玄米導入は難しかった
    海軍の高木兼寛はイギリス医学の経験則で玄米を食べている人は脚気にならないと気づいたから玄米を取り入れた
    もし森がイギリスに医学を学びに行ってたら玄米取り入れたと思う
    [ 編集 ]
  31. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 19:35
    昔は文士とゴロツキは同類視されていたらしい。
    確かに頷けるな。
    [ 編集 ]
  32. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 19:42
    島村て書いて違和感があったことを思い出した。
    ただ、人間のクズが書いたとしても、いい作品はいい。藤村は読まないけど。
    [ 編集 ]
  33. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 20:10
    石川啄木は吉原通いまくってたんだよな
    そりゃ生活は苦しいわな
    じっと見た手でオ〇ニーすれば良かったのに
    [ 編集 ]
  34. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 20:26
    初恋を書いた人が…知らなかった…
    [ 編集 ]
  35. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 21:34
    太宰は飲み食いした金を払わず、友人を残してそのまま逃亡したんだよな
    それが走れメロスの元になったとか
    [ 編集 ]
  36. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 22:21
    文豪・芸術家には、このテのクズエピソードが多いね。
    陶芸界では「美味しんぼ」の海原雄山のモデルになった北大路魯山人は、海原を数十倍嫌な奴にした
    性根の悪さで、業界内では伝説になってるほど。対照的に同世代の作家で、日本陶芸史で最高峰と謳われる
    板谷破山は、その作品の完成度と生涯清貧ながらも人格者で、周囲からの愛されエピソード満載で伝説になってる。
    [ 編集 ]
  37. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 22:45
    ※61707
    それ一般常識というか中学生でも知ってることだから改まって言わないほうがいいよ

    作家はキチガイであればあるほど面白いもの書くと思うわ
    鬱屈したもの持ってないとわざわざ表現しようとは思わんだろうと。
    西村賢太にはちと期待してるwww
    [ 編集 ]
  38. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 23:23
    米なんて江戸時代末期には供給過多になって価値が暴落
    江戸庶民ですら白米バクバク食べてたのに白米が軍隊の魅力とかねーよ
    しかもコシヒカリもあきたこまちもないんだろゲロ不味じゃん
    [ 編集 ]
  39. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 23:27
    文豪が狂人の類なら家庭板のキチママやDQNも文豪の才覚があった?
    自己中自己主張が強いワガママサイコパス当てはまりまくり
    [ 編集 ]
  40. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 23:30
    一高出身者の人格破綻率は異常
    高学歴は偏屈な人間が多いってのは正しいな
    [ 編集 ]
  41. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/28 23:56
    このコメ欄のトリビア度の高さときたらw
    [ 編集 ]
  42. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 00:36
    皆さん、いろんなことを知っていますね
    多分年代の違いだと思いますが、私はまったく知らないことだらけです
    メロスの話も知りませんでした。
    本は好きでよく読みますが、作者自身には興味がなかったからかもしれません
    [ 編集 ]
  43. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 00:45
    森鴎外は兄弟が美人と結婚したのが羨ましくて離婚→美人の奥さんもらい直したような人だぞw
    しかも前妻との間に生まれた子は腹違いの弟妹たちからも「よく分からない人」なんて言われるほど疎遠
    更には体面の悪いことは全部嫁まかせにしたせいで奥さんは長いこと悪妻のレッテルを貼られたという
    当時にしてみれば普通なんだろうけどね
    [ 編集 ]
  44. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 00:51
    最近だと吉本ばななも基地外だよな
    [ 編集 ]
  45. 名前:名無しさん  投稿日:2013/01/29 00:52
    森鴎外って言ったらDQNネームの元祖みたいな人だしな
    [ 編集 ]
  46. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 01:17
    顔がそっくりだからって理由で
    俺の高校の頃のアダ名は島崎藤村だった、けどこんな糞野郎だったとはな!
    [ 編集 ]
  47. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 01:34
    でも、クズが書く本の方が面白い気がする
    [ 編集 ]
  48. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 01:54
    学生時代に絵画で賞とったら父親に祝われながらも言われたわ
    「芸術家はまともな人間にはなれないからやめとけ」と
    大半の芸術家やらなんやらは破綻してるもんな…
    [ 編集 ]
  49. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 01:55
    半エッセイと言われる「舞姫」読んでイライラして、「半日」読んで何だコイツってなった
    当時の時代背景は分かるけど、未だに鴎外の初期の作品は苦手だわ
    [ 編集 ]
  50. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 02:09
    私小説を出すような作家は例外なくクズ。
    面白い作品を連発する作家も概ねクズ。
    古今東西問わず作家ってそんなもの。
    [ 編集 ]
  51. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 02:16
    こういう昔の文豪の破天荒エピソード大好きなんだけど
    文豪本人と関わってその家族が破天荒のせいで苦しむのを
    実際に見た方を通して考えるとまた違った趣があるなあ。
    あとこの米欄すっごいおもしろいww
    [ 編集 ]
  52. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 02:44
    現代でも小説家にはアレなのが多い。
    大◯健三郎など。
    [ 編集 ]
  53. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 04:14
    書いた人がアレだから作品を評価しない、
    ってのは幼稚すぎ
    [ 編集 ]
  54. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 07:32
    アダモちゃんにそんな過去があったとは・・・
    [ 編集 ]
  55. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 08:14
    芥川龍之介「老獪な偽善者」
    [ 編集 ]
  56. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 10:11
    島崎藤村のゆかりの宿の旅館に泊まったけど
    そんなことまったく知らなかった
    宿の人も知ってるのかねぇ
    [ 編集 ]
  57. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 10:16
    こないだまで知事やってた物書きも人格崩壊してたよな
    [ 編集 ]
  58. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 10:22
    ※61707
    壇一雄置いて逃げて菊池寛と囲碁してたんだっけ。
    メロスの元になったのでは、と書いたのは壇本人だけど
    [ 編集 ]
  59. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 10:50
    島崎の本は中国に全て送って焼いてもらっても良い。
    [ 編集 ]
  60. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 11:13
    さくらももことか?
    [ 編集 ]
  61. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 11:17
    ※61737
    吹いたわwwwww
    [ 編集 ]
  62. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 11:31
    当時の男性は大体親や妻子等何人も養ってることが多いから
    大黒柱に責任感がないと周囲は大変だわ
    太宰もほとんど金を残さずに死んだらしいけど、死後は印税しっかり
    奥さんの元に入るようになって遺産何億も残したらしい
    [ 編集 ]
  63. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 11:37
    島崎君と藤村君とかいう新人漫才師
    [ 編集 ]
  64. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 11:53
    当時の小説は私小説が主流だったような希ガス。

     自己体験が小説・・・だから破天荒な行動をわざとやったのではないかと・・・。

     想像力の貧しい人々が小説家になりたい場合、こういう馬鹿を地でいく人が受けるのかも?
    [ 編集 ]
  65. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 12:27
    971はちょっと間違ってる
    姪は長兄の娘ではなく、次兄の娘
    台湾の知り合いとなってる人が長兄
    それに、パリに追いやられたのではなく、姪との関係を解消するためにパリに逃げた
    [ 編集 ]
  66. 名前:鬼女速名無しさん  投稿日:2013/01/29 12:28

    おぼっちゃまが障子にち〇こ突っ込んだりな
    [ 編集 ]
  67. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 13:02
    現文だったかな
    島崎藤村の筆名は自分と好きな女の名前からとって付けたと聞いて
    女々しい人だったんだという印象が強い
    授業中にいろいろ文豪のエピソード聞いたけどこれが一番記憶に残った
    [ 編集 ]
  68. 名前:ゆとりある名無し  投稿日:2013/01/29 13:10
    金貸し強欲爺と貧乏プロレタリア作家 
    [ 編集 ]
  69. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 13:53
    ルソーも屑だけど藤村も負けてないな。
    [ 編集 ]
  70. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 14:35
    昔の人の作品は作者の死後に注目されるのはこういう理由なのか・・・
    [ 編集 ]
  71. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 14:38
    石川啄木は、借金がすごく多い。この借金の始末をして回ったのが、国語学者の金田一京助。
    島崎藤村のこの話が書いてあるのは、「新生」。
    徳富蘆花は、徳富蘇峰(兄)に嫉妬して、兄に迷惑をかけ、嫁さんにつらく当たった。
    文学者ではないが、野口英世も大概。小村寿太郎もおかしい。高橋是清もちょっと待てという状況。
    幕末に遅れてきた人たちだと考えると、なんぼかわかるか。
    [ 編集 ]
  72. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 14:43
    あんなぬる~い漫才なのに人は悪いんだな
    [ 編集 ]
  73. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 15:35
    ※61756
    当時としては破格の高学歴ばっかりだから
    エリート意識や選民思想が強すぎて、周りはみんな自分の思うままに
    動くべきくらいの勢いだったのかもね
    [ 編集 ]
  74. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 15:57
    破戒とかもな
    発想がイッテるというかタブー上等なくらいぶっ飛んでないと書けない
    作家としては優れてても人間的には駄目だろうな
    [ 編集 ]
  75. 名前:名無しさん  投稿日:2013/01/29 17:04
    森鴎外は留学先のドイツ人女性孕ませた挙句そのままほったらかしにして帰国、そしてその女性に実家凸食らうような人
    すでに出てるけど、石川啄木は金田一京助に金貸してくれと度々訪れ、そのたび金田一は金を工面するため嫁の着物を質に入れさせたりしてた
    だから金田一京助の息子は、(啄木が)家に来たら家の物がなくなるから、あの人は盗賊(石川五右衛門だったかな?)なんだと思ってたそうな
    そんな石川啄木を研究するある人は、啄木を知れば知るほど嫌いになると言ったとか
    その対極として、宮沢賢治を研究する人は、知れば知るほど賢治を好きになると言う
    あとちょっと最近になるけど、江戸川乱歩は美少年で学生時代同性にもてた
    そして同じく男からもてていた同級生だったかに惚れた
    [ 編集 ]
  76. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 18:40
    教科書に載ってた「初恋」で美しい情景を描く人だと関心を持ち、
    「新生」でドン引きして芸術というものを少し理解した思春期…
    [ 編集 ]
  77. 名前:鬼女速名無しさん  投稿日:2013/01/29 20:50
    文豪で、悪い評判もなくちゃんとしてて慕われた人っていうと菊池寛くらい?

    宮沢賢治も実は金銭感覚がおかしくて、人にやたら奢りまくるのが好きな人で
    それで持ち上げられていい気になって金を使い果たすようなことが多く、
    とてもなんか、「農業に生きる清貧な人」とは言い切れない面があったそうだけどなあ。

    あと中原中也の顔写真はコピー修整コピー修整の過程で変に美少年風になっただけで
    「しわの多い普通のおっさん顔」だったってのも有名だよね。
    酒癖が悪くてしょっちゅう泥酔しては勝手に激昂して「やんのかこら!こいよこら!」
    とか言いながら酒場で勝手にシャドーボクシングして勝手に転んだりしてたとか。
    [ 編集 ]
  78. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 20:56
    キチママどもに絵を描かせたら数百年後くらいに評価されるんじゃない?
    [ 編集 ]
  79. 名前:名無しさん  投稿日:2013/01/29 21:07
    > 1905年(明治38年)、小諸義塾を辞し上京、翌年「緑陰叢書」第1編として『破戒』を自費出版。すぐに売り切れ、文壇からは本格的な自然主義小説として絶賛された。ただ、この頃栄養失調により3人の娘が相次いで没し、後に『家』で描かれることになる。

    この頃か。完売したのなら金は投資として契約書交わして貸せば良かったと思う。おじいさんは相手の能力を見ずに態度に拘って大きな儲けを結果的に逃したな。
    [ 編集 ]
  80. 名前:名無しさん@Pmagazine  投稿日:2013/01/29 22:02
    とりあえず、島崎藤村だれだか分からなかったにせよ、wikiったことはナイショにしとけ
    アホだと思われっぞ
    [ 編集 ]
  81. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/29 23:38
    米欄おもしれーわw
    出てる作家の小説は読んでるけど、作家達の人格やら人生やらには全く関心が無かったから、
    初めて聞くエピソードばっかで面白い
    しかも、屑エピが出るわ出るわwww
    どっか壊れた人間じゃないと、物を生みだすことは難しいのかもな
    [ 編集 ]
  82. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/30 01:16
    作家のクズエピソードなんざ、ちょい調べれば無限に出てきますぜ。
    作家とはジャンルが違うが、漫画界のゴッドこと手塚治虫なんてクズエピソードの宝庫。
    有名なのが「仮面ライダー」等でお馴染みの、石ノ森章太郎の才能に嫉妬してガチで潰そうとしたとか。
    他にも「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるに嫉妬して、面と向かってディスったり
    漫画界の作画に革命をもたらした大友克弘に「僕はね、やろうと思えば君の画なんか描けるんだよ!」と
    革命児とはいえ、まだまだ新人の大友との対談時に食って掛かったりとか。そして最も有名なのが「巨人の星」への嫉妬。
    児童漫画からエロまで、全階級制覇を成し得た手塚が唯一不可侵だったのがスポ根漫画。
    理数脳の手塚にとって、「巨人の星」のような梶原的ハッタリと適当さによって構成された世界観は
    理解の範疇外で、その人気っぷりを理解出来ない手塚は「この漫画のどこが面白いのか、僕に説明しろ!」と
    アシスタントに迫ったのも有名な話。
    [ 編集 ]
  83. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/30 10:12
    むかしも今も芸術や芸事で食ってる人のそばには寄りたくないな
    作品や芸を見てるだけが一番いいや

    ※61786
    そういや、巨人の星の人気が凄い頃に仕事の打ち合わせで虫プロへ出向いた
    北杜夫氏も梶原氏の悪口を聞かされたと書いてたな
    まあその北杜夫氏にしろ、父上の斉藤茂吉氏にしろアレなエピソードがそれ
    なりに在る訳だけど
    [ 編集 ]
  84. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/30 13:16
    正直手塚伝説なんかはクズエピソードっていっても可愛いもんだと思うわ。
    嫉妬心なんか生涯現役って意識で流石とも思える。
    (いわれた方は迷惑な話だろうけど)

    文豪のクズエピは人死に出るからな…
    そういえば放火するような話は聴いたことがないな。
    どの文豪も本が焼けるようなことだけは嫌だったんだろうか。
    [ 編集 ]
  85. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/30 13:24
    ちなみに井上靖、澁澤龍彦、とかも有名だよね。
    調べれば調べるほどクズでいやになる。
    作者の人間性とか知りたくなかったと思うことがありすぎる。
    [ 編集 ]
  86. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/30 13:32
    あ、靖じゃなくてひさしだった…ごめんよしろばんば好きだよ
    [ 編集 ]
  87. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/30 14:26
    藤村の糞っぷりから比べれば、菊池寛はまだマシな方。
    ただ、面倒見は良かったのは良いんだけど、基本女好きで気に入った女性をすぐ愛人にしたり、
    関東大震災の後本妻と愛人を同居させたりしてたり。

    まともな人を探すのが大変。
    [ 編集 ]
  88. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/30 15:17
    DV男なんだがモテるんだよな、みんな…。
    ひさし元嫁とかも酷い目にあってんのにまだ何か言ってるし。才能に惚れちゃうのかね。
    [ 編集 ]
  89. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/30 15:23
    まあいい作品と作者は別物ってことで…
    [ 編集 ]
  90. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/30 15:32
    森鴎外も姪を孕ませてドイツ留学→現地でおねえさん孕ませて出産前にバックれ帰国→
    おねえさん出産後に鴎外を追っかけて来日するも追い返される ってのあったっしょ?
    野口英世も留学費用を借金して踏み倒してるし、この辺りの時代の偉人さんって結構屑が多いけど、
    偉大な偉人としていいとこだけ伝記にし、子供に読ませるのはちょっと躊躇しちゃうよな。
    [ 編集 ]
  91. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/30 17:27
    ※61803
    「森鴎外も姪を孕ませてドイツ留学」
    それは聞いたことがないな
    ソースは? 藤村と混ざってないか?

    [ 編集 ]
  92. 名前:名無しさん  投稿日:2013/01/30 18:12
    ※61802
    >まあいい作品と作者は別物ってことで…

    そう思いたいけど俺は無理w

    ※61803
    同意。
    [ 編集 ]
  93. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/30 19:13
    ※61803
    混ざってないw ソースはネットが発達する前の雑学系書籍で知ったから、提示できないわ。スマソ
    [ 編集 ]
  94. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/30 22:38
    ※61812
    うーん。
    そもそも留学したのが1884年で、最初の結婚が1889年だよ
    これから考えると姪っていうのは自分の兄弟の娘になるけど(奥さんの兄弟の娘の姪ではなく)
    実弟の三木竹二は1884年当時17歳、実妹の小金井喜美子13歳
    どっちも子供はいないよ

    よってたぶん勘違いしていると思うわ
    小倉赴任中に女中に手を出しているっぽいのはあるけどねー
    [ 編集 ]
  95. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/31 04:57
    その雑学書を書いた奴が知ったかで森鴎外と島崎藤村を混同してるんだろうなぁ
    昔の本とかソースなしで書くこと多かったし
    [ 編集 ]
  96. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/01/31 12:17
    ※61713
    米も農家にとっては食い物だけでなく商品作物の一種。江戸時代でも自給自足なんて夢物語に過ぎず、それなりに経済が発達しちゃたせいで作物を売って金にしないと生きていけなくなっているんだよ。
    だからかえって供給過多になると農家は死ぬ。
    1万円稼がなくちゃいけない時に、米が1kg1,000円で売れれば10kg売ってそれ以上の収穫した米は自分で食える。
    けれど米の価格が暴落して1kg100円になったら100kg売らないといけなくなって、とても自分で米を食うなんてことが出来なくなるんだよ。
    ちなみに江戸の町人人口は最高でも五十万人。当時の日本の人口は二千万人から三千万人だからその40分の一から50分の一に過ぎない。
    江戸庶民は働くだけで報酬が得られるという優れた購買力を持っているある意味特権階級みたいな存在だよ。
    [ 編集 ]
  97. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/02/01 13:11
    島崎藤村って部落の出身じゃないっけ
    [ 編集 ]
  98. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/02/02 04:35
    何というか、芸術の方面で飯を食ってる人って、氏ね、とりあえず氏ね、3回くらい氏ねって人が少なくないよね。
    クズだから才能に恵まれているのか、才能に恵まれたがためにクズなのか…マジでキチママや泥ママまとめに登場するよう基地たちに何か作らせたら、数十年、数百年後にはかなりの価値がついていたりして。
    [ 編集 ]
  99. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/02/02 07:01
    ほんと※欄が一番すごい。
    半分ぐらい知らん話だったけど、名前上がった作家は皆して鬱陶しくて、
    読むの挫折した理由が分かった気がして良かった。
    教養として読んでおいた方が良いのは、頭で分かっててもなんかダメなんだよなぁ。
    [ 編集 ]
  100. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/02/02 10:13
    破天荒な文豪を語るコメント欄になってんなw
    畑違いだが野口英世もアレな人だったよな
    藤村と比べりゃはるかにマシだが
    [ 編集 ]
  101. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/02/02 16:18
    藤村資料館みたいなところで愛娘の死がうんたらかんたら書いてあったけど
    なんだ自分が殺したようなもんじゃないのさ…
    教職についてる時にも教え子に手を付けてたってさ
    [ 編集 ]
  102. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/02/02 18:13
    与謝野鉄幹も晶子と結婚する前の教師時代に教え子食ってたしね
    文学以外にも竹久夢二あたりの画家のDQNぶりも有名
    戦後でも人妻と不倫して相手旦那バレしたあげく別荘で人妻と心中してグロ状態になってから発見され、息子(俳優の森雅之)に多大なトラウマを与えた有島武郎とか
    [ 編集 ]
  103. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/02/02 23:09
    永井荷風も相当破綻した人生だったみたいだけど
    ここに出てくる方々には勝てないっぽい。
    『断腸亭日常』で私小説的なものを書いてるけど、
    当時の作家にとってはやはり破綻した人生そのものがネタってこと?

    田山花袋とか
    [ 編集 ]
  104. 名前:名無しさん@ニュース2ch  投稿日:2013/02/03 02:11
    確かに才能は凄いんだろう才能は
    だがこんなクズは生きてるうちは悲惨な目に遭い続けるべき
    その方がいい作品が出来るんだから本望だろ
    死後に評価して苦労した関係者に財産とかいくべき
    てめーらが家族友人恋人使い捨てなら世間はてめーを使い捨てたるわ
    [ 編集 ]
  105. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/02/03 16:54
    時代が経つと、その人の人格とか評判とか忘れ去られて、功績だけが残るから、何も知らない方が良いことがあるかもしれない。芸術関係には人格が糞でも作品が最高、というのが多い。
    [ 編集 ]
  106. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/02/05 05:10
    森鴎外『舞姫』エリスのモデルになった
    鴎外の恋人だったドイツ人女性は小説とはだいぶ違った人生を送ったようだけどね。
    近年の研究で色々わかってきてる。
    結婚して戦争を生き延びておばあさんになるまで生きていたそうだよ。
    [ 編集 ]
  107. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/02/05 10:39
    作品と作者の人格は別物だとわかってはいても人格破綻者を偉人として持ち上げたくはないな
    あと別物だからって良いとこだけ切り取って語り継ぐのは卑怯
    [ 編集 ]
  108. 名前:鬼女速名無しさん  投稿日:2013/02/06 16:11
    教え子を食うような教師はロクデナシ。
    俺、私小説って嫌いなんだよね。
    「破戒」なんか自分の出生に丸々2巻悩んで結局アメリカに行くだけの話。
    つまんねーんだよ、なんも解決してない。
    [ 編集 ]
  109. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/02/08 05:22
    で?
    こいつの祖父は島崎の名だして自慢したいだけか?
    俺、だれだれと同じ中学校だったんだよね~
    ってレベルだろ。
    [ 編集 ]
  110. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/02/11 05:40
    島崎一族はかなりのDQN。
    『椰子の実』は好きなんだがなあ。
    [ 編集 ]
  111. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/02/21 15:32
    こういう糞を後世の人間が文豪として持ち上げるのはどうかと思う
    [ 編集 ]
  112. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/03/23 16:01
    島村の父も近親相姦だしな
    フランス逃亡させる金があるなら、島村の妻子に援助してやれよ島村兄と思ってたわ
    10代の姪を孕ませて養子にださせて帰国してまた関係迫って頭わきすぎ
    再婚したら姪に冷徹で、自己愛で周り振り回す迷惑なヤリチンじじぃだよな

    椰子の実はホントにいい詩なのにね
    [ 編集 ]
  113. 名前:コーチ 本物  投稿日:2013/11/05 11:04
    coach カードケース
    [ 編集 ]
  114. 名前:子育て名無し  投稿日:2013/12/07 14:28
    まああれだ、才能と人間としての器量は別物ってことだな。
    中原中也の絡み酒が発端で大乱闘に巻き込まれ、草野心平が中原と酒を飲みに行くのをやめたというエピを聞いて「草野さん乙……」とつぶやかざるを得なかった
    [ 編集 ]
  115. 名前:子育て名無し  投稿日:2015/10/31 20:02
    夏目漱石はメンヘラDVだし、有島武郎は人妻記者とフリンして2人でセルフあぼんし息子(俳優の森雅之)に大いなるトラウマを与え、小林多喜二はカノをカフェー(今のキャバに近い喫茶店)で働かせてたし太宰治はこれまたどメンヘラ
    こういう「作家として名をなしたドクズ」の影には、その何十倍かわからない
    「何者にもなれなかった作家ワナビ超絶クズ」がいるんだよなあ
    文学以外だと竹久夢二も結構なクズだった
    [ 編集 ]
  116. 名前:名無し  投稿日:2017/08/31 16:29
    クズ揃いの文豪の中でもトップ張れるクズ
    子供餓死させたり教え子に手出したり死にゆく友人に死ぬってどんな気持ち?って聞いたり畜生エピソードしかない
    ただこの人の場合親が妹とデキてたり母親が性にだらしなかったりそういう要素もあったかもしれない
    実際モテる人だったそうで
    [ 編集 ]
コメントの投稿




(入力するとトリップのように暗号化され、IDとして表示されます)


管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL